カツラはハゲを進行させてしまう!?

薄毛がひどくなると育毛剤だけの使用では追いつかない場合もあります。周囲の視線がどうしても気になるという人は薄毛を隠すためにカツラを使用する人も少なくありません。個々ではカツラの使用についての注意点を説明していきましょう。

 

カツラを着用すると薄毛やハゲが進行してしまう!?

カツラを着用すると、様々な理由からハゲが進行してしまうことがあります。薄毛を隠すためにカツラを着用しているのに、カツラを着用することでハゲが進行してしまうのは本当に悲しいこと。ではいったいどのようなことが原因でカツラを着用するとハゲてしまうのでしょうか?

 

カツラを着用してハゲが進行してしまう原因とは?!

 

カツラを着用してハゲが進行してしまう原因の1つが蒸れです。カツラを装着すると、付けない場合と比べるとどうしても頭皮が蒸れてしまいます。もちろん最近はカツラの技術の進歩に伴って通気性のよいものがたくさん作られていますが、カツラによる蒸れをなくすことは不可能でしょう。頭皮が蒸れた状態になると、雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌が増えると、炎症やかゆみなどを引き起こしてしまう可能性もあり、頭皮環境を悪化させてしまうでしょう。頭皮の状態が悪くなると、発毛に必要な栄養素がしっかりと供給されないので薄毛がどんどん進行してしまうのです。
もう1つの原因が、装着部の負荷です。カツラを装着するとどうしても頭皮への負荷がかかってしまいます。カツラの装着方法は色々ありますが、編み込み式、複合型、ピン、テープ、接着剤などです。どの方法も少なからず頭皮への負担がかかってしまうでしょう。また装着方法によっては頭皮の蒸れが悪化したり、血行不良になったりするケースもあります。血行不良になると頭皮に栄養が届かなくなり、発毛が阻害されます。

 

カツラの負担を最小限に抑えるためには

カツラによる薄毛の進行を抑えるためにはカツラを装着することによる負担を最小限に抑える必要があります。カツラの負担を減らすためには、装着時間を減らすこと。頭皮に休息を与えることで頭皮の蒸れなどを極力少なくことができますよ。